イベントフォトギャラリー 財団法人さっぽろ健康スポーツ財団
視覚障害者と伴走者のランニング教室
開催概要
更新日 平成25年11月19日(火)
開催日程 平成25年11月10日(日)
会場 駒沢オリンピック公園 第二球技場
備考 【主  催】 世田谷246ハーフマラソン実行委員会
【協  力】 特定非営利活動法人日本盲人マラソン協会
【指  導】 鈴木邦雄、中田崇志
フォトレポート
心配されていた雨も降ることなく、世田谷246ハーフマラソンの大会イベントの一環として駒沢オリンピック公園第二球技場で「視覚障害者と伴走者のランニング教室」が開催され、17名の参加者が集まりました。
※画像をクリックすると拡大されます。
実技に移る前に、講師より障害についてや介助の重要性について等ご説明いただきました。
<br>参加者には、特殊なメガネをつけて視覚障害にも様々な種類があることを体験していただきました。
<br>

実技に移る前に、講師より障害についてや介助の重要性について等ご説明いただきました。
参加者には、特殊なメガネをつけて視覚障害にも様々な種類があることを体験していただきました。

実技に移る前に、講師より障害についてや介助の重要性について等ご説明いただきました。
参加者には、特殊なメガネをつけて視覚障害にも様々な種類があることを体験していただきました。
アイマスクをつけて、階段の上り下りや柱等の障害物をよけて歩く体験です。
<br>伴走者は階段の段数や障害物位置など、パートナーに細かく状況を伝えます。
<br>

アイマスクをつけて、階段の上り下りや柱等の障害物をよけて歩く体験です。
伴走者は階段の段数や障害物位置など、パートナーに細かく状況を伝えます。

アイマスクをつけて、階段の上り下りや柱等の障害物をよけて歩く体験です。
伴走者は階段の段数や障害物位置など、パートナーに細かく状況を伝えます。
講師より盲導犬について、「目を合わせてはいけない・名前を呼んではいけない・触れてはいけない・食べ物をあげてはいけない」など双方の安全を守るための注意事項の説明がありました。
<br>

講師より盲導犬について、「目を合わせてはいけない・名前を呼んではいけない・触れてはいけない・食べ物をあげてはいけない」など双方の安全を守るための注意事項の説明がありました。

講師より盲導犬について、「目を合わせてはいけない・名前を呼んではいけない・触れてはいけない・食べ物をあげてはいけない」など双方の安全を守るための注意事項の説明がありました。
休憩時間中も鈴木先生に質問する参加者たち。
<br>皆さまの熱意が伝わる光景でした。

休憩時間中も鈴木先生に質問する参加者たち。
皆さまの熱意が伝わる光景でした。

休憩時間中も鈴木先生に質問する参加者たち。
皆さまの熱意が伝わる光景でした。
伴走実技に入る前に一般的なランニング・ウォーキングの基本練習を行いました。

伴走実技に入る前に一般的なランニング・ウォーキングの基本練習を行いました。

伴走実技に入る前に一般的なランニング・ウォーキングの基本練習を行いました。
続いて、伴走ロープの使い方を学びました。

続いて、伴走ロープの使い方を学びました。

続いて、伴走ロープの使い方を学びました。
いよいよ伴走実技に入ります。
<br>まずは伴走ロープを使って試走。

いよいよ伴走実技に入ります。
まずは伴走ロープを使って試走。

いよいよ伴走実技に入ります。
まずは伴走ロープを使って試走。
次に実際にアイマスクを付けた視覚障害者役の方と伴走。
<br>スタートの足の出し方など、細かな心使いが重要になります。
<br>

次に実際にアイマスクを付けた視覚障害者役の方と伴走。
スタートの足の出し方など、細かな心使いが重要になります。

次に実際にアイマスクを付けた視覚障害者役の方と伴走。
スタートの足の出し方など、細かな心使いが重要になります。
最後にカラーコーンを使ってカーブする箇所を伴走する体験。
<br>どの方向・方角でまわるかなど、視覚障害者の方が気持ちよく走れるよう正確な情報を伝えます。
<br>

最後にカラーコーンを使ってカーブする箇所を伴走する体験。
どの方向・方角でまわるかなど、視覚障害者の方が気持ちよく走れるよう正確な情報を伝えます。

最後にカラーコーンを使ってカーブする箇所を伴走する体験。
どの方向・方角でまわるかなど、視覚障害者の方が気持ちよく走れるよう正確な情報を伝えます。
すべての指導終了後、鈴木先生より「スポーツの原点である何時でも・何処でも・誰でも、走れることに協力していただきたい」と話がありました。
<br>教室終了後には、参加者に今回使用したアイマスク、伴走ロープがプレゼントされ、今回の教室内容をまとめた伴走ガイドやGUIDEBOOKが配布されました。

すべての指導終了後、鈴木先生より「スポーツの原点である何時でも・何処でも・誰でも、走れることに協力していただきたい」と話がありました。
教室終了後には、参加者に今回使用したアイマスク、伴走ロープがプレゼントされ、今回の教室内容をまとめた伴走ガイドやGUIDEBOOKが配布されました。

すべての指導終了後、鈴木先生より「スポーツの原点である何時でも・何処でも・誰でも、走れることに協力していただきたい」と話がありました。
教室終了後には、参加者に今回使用したアイマスク、伴走ロープがプレゼントされ、今回の教室内容をまとめた伴走ガイドやGUIDEBOOKが配布されました。

2013年の記事一覧
第3回世田谷子ども駅伝
平成25年12月19日(木)
第8回世田谷246ハーフマラソン
平成25年11月18日(月)
打ち水で地球を冷やそう!

平成25年8月8日(木)
第3回世田谷陸上競技会
平成25年7月10日(水)
第2回世田谷陸上競技会
平成25年6月5日(水)
第1回世田谷陸上競技会
平成25年4月10日(水)
バレーボール講習会
平成25年2月6日(水)