イベントフォトギャラリー 財団法人さっぽろ健康スポーツ財団
LifesavingSpirit世田谷スイミングアカデミー
ライフセービング競技選手権大会
開催概要
更新日 平成24年6月6日(水)
開催日程 平成24年6月3日(日)
会場 片瀬東浜海岸
備考 【主  催】特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会
【主  管】特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会 学生委員会
【協  力】株式会社 コラボレーション
      NPO法人 西浜サーフライフセービングクラブ
フォトレポート
※画像をクリックすると拡大されます。
6月3日(日)片瀬東浜海岸にてライフセービング競技選手権大会が行われ、世田谷スイミングアカデミーの中学生9名が初出場しました。
<br>天候にも恵まれ、全国から約200名の参加者が集まり海に向かって黙とうを捧げて大会が幕を開けました。

6月3日(日)片瀬東浜海岸にてライフセービング競技選手権大会が行われ、世田谷スイミングアカデミーの中学生9名が初出場しました。
天候にも恵まれ、全国から約200名の参加者が集まり海に向かって黙とうを捧げて大会が幕を開けました。

6月3日(日)片瀬東浜海岸にてライフセービング競技選手権大会が行われ、世田谷スイミングアカデミーの中学生9名が初出場しました。
天候にも恵まれ、全国から約200名の参加者が集まり海に向かって黙とうを捧げて大会が幕を開けました。
最初の競技はランスイムラン。浜辺を走り海を泳ぎ最後にまた浜辺を駆け抜けます。慣れない海に不安と戸惑いの中、中学2年生の諸冨凌くんが決勝進出を決める大健闘!

最初の競技はランスイムラン。浜辺を走り海を泳ぎ最後にまた浜辺を駆け抜けます。慣れない海に不安と戸惑いの中、中学2年生の諸冨凌くんが決勝進出を決める大健闘!

最初の競技はランスイムラン。浜辺を走り海を泳ぎ最後にまた浜辺を駆け抜けます。慣れない海に不安と戸惑いの中、中学2年生の諸冨凌くんが決勝進出を決める大健闘!
フレッシュマン(中学1年生)のビーチフラッグスでは白熱の戦いが繰り広げられ、夢中で走る子どもたちに観客席からも大歓声が巻き起こりました。

フレッシュマン(中学1年生)のビーチフラッグスでは白熱の戦いが繰り広げられ、夢中で走る子どもたちに観客席からも大歓声が巻き起こりました。

フレッシュマン(中学1年生)のビーチフラッグスでは白熱の戦いが繰り広げられ、夢中で走る子どもたちに観客席からも大歓声が巻き起こりました。
ビーチフラッグスでは大原杏慈友さんが激戦を制し優勝、深堀翔太くんが5位・尾崎日和さんが4位と快挙を収め、初出場チームが会場を湧かしました。

ビーチフラッグスでは大原杏慈友さんが激戦を制し優勝、深堀翔太くんが5位・尾崎日和さんが4位と快挙を収め、初出場チームが会場を湧かしました。

ビーチフラッグスでは大原杏慈友さんが激戦を制し優勝、深堀翔太くんが5位・尾崎日和さんが4位と快挙を収め、初出場チームが会場を湧かしました。
ボードレースでは思うように目的地に到達できず海で泳ぐ難しさを知りました。悪戦苦闘する中、中学3年生の水落遊理さんが4位という好成績をおさめました。

ボードレースでは思うように目的地に到達できず海で泳ぐ難しさを知りました。悪戦苦闘する中、中学3年生の水落遊理さんが4位という好成績をおさめました。

ボードレースでは思うように目的地に到達できず海で泳ぐ難しさを知りました。悪戦苦闘する中、中学3年生の水落遊理さんが4位という好成績をおさめました。
大きなボードをかついで海に向かって全力疾走!
<br>練習した成果を見せたくて夢中で海に向かって行きました。

大きなボードをかついで海に向かって全力疾走!
練習した成果を見せたくて夢中で海に向かって行きました。

大きなボードをかついで海に向かって全力疾走!
練習した成果を見せたくて夢中で海に向かって行きました。
世田谷スイミングアカデミー総合監修の飯沼誠司氏からもひとりひとりに温かく声をかけていただき、緊張していた子ども達の顔に少しずつ笑顔が戻りました。

世田谷スイミングアカデミー総合監修の飯沼誠司氏からもひとりひとりに温かく声をかけていただき、緊張していた子ども達の顔に少しずつ笑顔が戻りました。

世田谷スイミングアカデミー総合監修の飯沼誠司氏からもひとりひとりに温かく声をかけていただき、緊張していた子ども達の顔に少しずつ笑顔が戻りました。
レスキューチューブレスキューでは、ブイにロープが引っ掛かり沖合で失速。最下位に終わり、駆け寄るコーチに「すみません」、飯沼コーチから「よく頑張った、これが海だよ」、その言葉を聞く顔つきは立派なライフセーバーとなっていました。

レスキューチューブレスキューでは、ブイにロープが引っ掛かり沖合で失速。最下位に終わり、駆け寄るコーチに「すみません」、飯沼コーチから「よく頑張った、これが海だよ」、その言葉を聞く顔つきは立派なライフセーバーとなっていました。

レスキューチューブレスキューでは、ブイにロープが引っ掛かり沖合で失速。最下位に終わり、駆け寄るコーチに「すみません」、飯沼コーチから「よく頑張った、これが海だよ」、その言葉を聞く顔つきは立派なライフセーバーとなっていました。
初めての海での大会、初めてのライフセービング。
<br>表彰式では、まさに初めてづくしの中、大健闘した1日を振り返り、満面の笑みを浮かべる子ども達。会場も温かい雰囲気につつまれました。

初めての海での大会、初めてのライフセービング。
表彰式では、まさに初めてづくしの中、大健闘した1日を振り返り、満面の笑みを浮かべる子ども達。会場も温かい雰囲気につつまれました。

初めての海での大会、初めてのライフセービング。
表彰式では、まさに初めてづくしの中、大健闘した1日を振り返り、満面の笑みを浮かべる子ども達。会場も温かい雰囲気につつまれました。
飯沼コーチより「コーチも大会出場は不安でした。みんなもはじめは海で泳ぐことのこわさを感じたと思います。そんな中最後まで諦めないライフセービングの心をもって本当によく頑張った。」との声が贈られました。
<br>「また出たい」「次からの練習はもっと頑張る」と充実した言葉を残すアカデミー生の声を後に大会は幕を閉じました。

飯沼コーチより「コーチも大会出場は不安でした。みんなもはじめは海で泳ぐことのこわさを感じたと思います。そんな中最後まで諦めないライフセービングの心をもって本当によく頑張った。」との声が贈られました。
「また出たい」「次からの練習はもっと頑張る」と充実した言葉を残すアカデミー生の声を後に大会は幕を閉じました。

飯沼コーチより「コーチも大会出場は不安でした。みんなもはじめは海で泳ぐことのこわさを感じたと思います。そんな中最後まで諦めないライフセービングの心をもって本当によく頑張った。」との声が贈られました。
「また出たい」「次からの練習はもっと頑張る」と充実した言葉を残すアカデミー生の声を後に大会は幕を閉じました。

2012年の記事一覧
第2回世田谷子ども駅伝
平成24年12月19日(水)
第4回世田谷陸上競技会
平成24年10月18日(木)
第3回世田谷陸上競技会
平成24年7月13日(金)
第2回世田谷陸上競技会
平成24年6月15日(金)
水泳記録会
平成24年6月13日(水)
ティーボール講習会

平成24年5月29日(火)
第1回世田谷陸上競技会
平成24年4月18日(水)
世田谷テニスアカデミー体験会
平成24年1月26日(木)
第37回 区民元旦あるこう会
平成24年1月13日(金)